C++言語による地理情報処理

小方 登(京都大学 人間・環境学研究科)


C++言語入門

「地理情報処理基礎ゼミナール」などで利用している授業用資料です。授業の進行にあわせて随時更新しています。

C++プログラミングの要点

サンプルプログラム集

サンプルプログラム集(その2) ― 統計処理の初歩
このプログラムを実行するためのデータファイルとして次のようなテキストファイルを用意してください。[1行目:変数名(文字列),2行目:個体数(整数),3行目以下:数値(浮動小数点型)]‥‥例:kokugo.txt, eigo.txt, sansuu.txt


事例1 ― 計量地形学的分析(mapRaster2 データの処理)

mapRaster2においては,格子DEMのデータを分析するためのコマンドがいくつか組み込まれていますが,ここではそれらの処理手順を学習するために,同じ手順のソースコードを提示しています。これらを参考として,地形データ(およびその他のラスターデータ)を分析・処理するプログラムを考案・開発することができます。

 

地形モデルから稜線を抽出した例


事例2 ― グラフ理論に基づくネットワーク分析

コンピュータを利用したネットワーク分析の事例を紹介しています。ネットワーク分析は,ナビゲーションシステムにおいて最適経路を探索するといった目的で,応用されています。ここでは,関西地方の鉄道網を単純化した,右図のような仮想的ネットワークを事例として,ネットワークを分析するプログラムを例示します。

 

関西地方の鉄道網を単純化した仮想的ネットワーク


Last Updated: October 31, 2016